どれを選択するのか

スマホで調べる

それでは低用量ピルに関する情報において、ここでは主に種類に関する話をしていきたいと思います。同じ低用量ピルでも今や多くの製薬会社が出してきていたりしますが、そのなかでも今後低用量ピルを購入する際に注意して見てほしいのがずばり一相性ピルと二相性ピルと三相性ピルになります。これらのどれを利用するのかによって、使い方などがまったく変わってきます。まず一相性ピルに関してですが、こちらの低用量ピルは定められている服用期間に使う21錠すべてが同じ成分で構成されています。一相性ピルを利用する大きなメリットというと、やはり飲む順番をまったく気にすることがないという点です。実際に海外の方では約半数以上の女性が一相性ピルを使用していますので、その人気は他よりも圧倒的に上だといえるでしょう。最近では日本人向けに作られている一相性ピルも数多くありますので、無難な線を行きたい人は選んでみてください。ではそのほかの低用量ピルはどうなのか?まず二相性ピルに関しては普段あまり売られておりません。使い勝手もややこしくなるので仮に手に入れられたとしても選ばない方がいいでしょう。次に三相性ピルですが、こちらはかなり一般的によく見かけるタイプの低用量ピルになります。三相性ピルは三段階に変化するピルなので、飲む順番をかなり気を付けなければいけません。その辺をしっかり管理できるような人なら良いですが、もしちょっと不安かなぁと思う人はとりあえず一相性ピルにしておくべきでしょう。ただし三相性ピルの方が副作用の恐れがほとんどないので、安全度は実は三相性ピルに軍配があがります。